• Jiangsu Flowan Auto-Control Co.,ltd
    モハメドArshad
    専門、良質、よいサービス
  • Jiangsu Flowan Auto-Control Co.,ltd
    ジョン
    大きいさまざまな商品、よいパッケージ、よい生産ライン、上限プロダクト、細部への注意
  • Jiangsu Flowan Auto-Control Co.,ltd
    Billot
    生産の信頼できる、よい監督
コンタクトパーソン : William
電話番号 : 86-15261587237
WhatsApp : +8615261587237

OEMはアクチュエーター関係の球弁の空気フランジを付けたようになった

起源の場所 テンシン、中国
ブランド名 JSFC
証明 SIL3/CE/ISO9001
モデル番号 DA-105
最小注文数量 1 ea
価格 FOB SHANGHAI
パッケージの詳細 合板の場合
受渡し時間 3月7日営業日
支払条件 T/T、ウェスタン・ユニオン、L/C
供給の能力 1 ヶ月あたりの 10000 枚
商品の詳細
名前 球弁のアクチュエーター 空気のタイプ
Oem 受諾可能
材料 アルミ合金 打撃の調節 0~90°
ハイライト

0-90球弁の空気アクチュエーター

,

OEMの球弁の空気アクチュエーター

,

120のPSI isoの空気アクチュエーター

メッセージ
製品の説明

OEMはステンレス鋼関係の球弁の空気アクチュエーター フランジを付けたようになった

 

 

製品の説明

 

- 二重ピストン棚及びピニオンの設計
- 二重代理およびばねのリターン
- 最適強さおよび耐食性を提供する突き出された高い合金ボディ。
- 圧力2から8棒(30から120のPSI)。
- 温度較差-20°Cへの+80°C (- +176°F)への4°F。
- 寿命の最小500,000の周期。
- 回転0ºへの90º±4º。
- ISO 5211/DIN 3337への弁土台およびドライブ次元。
- ナミュールの標準(VDI/VDE 3845)への電磁弁そして位置のsignalersのための土台。
- 二重代理およびばねのリターン設計のための同じボディそしてエンド キャップとの密集したモジュール設計。
- 永久に油を差された単位。
- 安全な有効のための前もって積まれたばねのカートリッジ

- 付属品:ポジシァヨナー、エア フィルターの調整装置は、ロックする弁、旅行スイッチ、手動ハンドル、等を…

 

 

製品仕様書

 

トルクの出力 495N.m~120000N.m
標準温度 -20℃-+80℃
低温 -40℃-+80℃
高温 -20℃-+150℃
働き圧力 2つの棒8棒
弁の土台の標準 ISO5211に合わせなさい
媒体 乾燥したか油を差された空気、非corressiveガスまたはオイル

製品の機能

  • 高精度のball&の高い堅さの座席
  • 長い生命ball&seat
  • 最も経済的で物質的な組合せ
  • 最もよい火の安全で、静的な抵抗の安全
  • 広く適当
  • さまざまなドライブの種類


空気アクチュエーター性能、構造および設計特徴


1. 摩擦の長い生命そして低い係数のためのシリンダー表面を砥石で研ぐ内部および外的な腐食防止の突き出されたアルミニウムASTM6005ボディ。
2.密集した構造、対称的な取付け位置、高周期の生命および速い操作のための二重ピストン ラック・ピニオンの設計は分野でピストンを単に逆にすることによって、逆の回転達成することができる。
3.棚およびピストン、低い摩擦の高いサイクル寿命の多数軸受けそしてガイドおよびシャフトの破裂を防ぐため。
4.より大きい簡単で多目的な範囲安全におよび耐食性、より長いサイクル寿命のための上塗を施してあるばねとのモジュラー前もって積まれたばねのカートリッジ設計。
5.正確で低いバックラッシュのラック・ピニオンの約束、最高の効率、長期耐食性のためのステンレス鋼の締める物のためのピストンそしてピニオンの十分に機械で造られた歯。
6.最も最近の指定への完全な一致:ISO5211、DIN3337およびNAUMRまたはプロダクトはソレノイド、限界スイッチおよび他の付属品の能力そして容易な土台を交換する。
7. Flowanに蝶および低音弁制御のための最もよい選択であるラック・ピニオン アクチュエーターの完全なラインがある、の。信頼できる、オペレーティング環境の広いので供給する現実の利用できるプロダクト。私達のプロダクトは迎合的なナミュール及びISO5211、ISOの9001:2000の証明の下で製造され、そしてセリウム承認したである。

 

OEMはアクチュエーター関係の球弁の空気フランジを付けたようになった 0